食べ物・飲み物

ピスタチオって?健康や美容に良いの?意外に知らないピスタチオの栄養

投稿日:2017年10月12日 更新日:

ピスタチオ

 

当記事は、ピスタチオの栄養についてご説明しています。

あまり知られていませんが、

ピスタチオは、とても栄養に富んだナッツです。

健康にも良いし、美容効果も高いとされています。

 

毎日のように食べている人は少ないかもしれませんが、

家に1、2袋くらいストックすることをオススメします!

値段は微妙に高いですが、栄養とおいしさは間違いありません!!

 

ぜひ、この記事をご覧になって、

ピスタチオに対する興味をもっていただき、健康的な生活を送ってください!

 

 

ピスタチオとは

 

ピスタチオとは、辞典には、

「ウルシ科の落葉樹。西アジア原産で、地中海沿岸では古くから栽培が盛んに行われている。雌雄異株でギンナンに似た果実がつく。種子はピスタチオナッツとよばれ、中の緑色の部分を食用とする。ピスタシオ。ピスターシュ。」

(デジタル大辞泉より)

と書いてあります。

 

日本には19世紀ごろに伝わったそうです。

高い栄養成分を含むことから“ナッツの女王”とも呼ばれています。

他のナッツとは異なる濃厚な味で、やみつきになりますよね。

お酒のおつまみとしても人気のピスタチオについて、もう少し詳しく見ていきます。

 

生産地

現在の主な生産地は、

イラン、アメリカ、トルコ、シリア、中国、ギリシャ、

アフガニスタン、チュニジア、イタリア、キルギス

などです。

生産量は、イランが世界第1位です。

 

日本では基本的に生産されていないので、

私たちが普段食べるピスタチオは、輸入品ということになります。

 

食べ方

固い殻を割って、中の緑色の部分を食べます。

殻を割るときの、パンッという音がとても心地よいですよね!

 

お酒のおつまみや、おやつに、

ナッツとしてそのまま食べるほかに、

ペースト状にして、ケーキやお菓子の材料にされたりもします。

 

最近では、ピスタチオ味のアイスなんかもよく目にしますね。

欧米では一般的だそうです。

 

注意点

殻が割れないとき

殻の割れ目が小さい、あるいは無いために、殻がどうしても割れないときがあります。

爪を無理やり入れ込んだり、道具を使ったりする方法もありますが、

もっと簡単な方法があります。

それは、既に食べたピスタチオの殻を利用する方法です。

既に割った殻を、小さな割れ目に差し込んでいくと、

思いのほか簡単に、殻を割ることができます。

割れ目がないピスタチオの場合は、道具を使ったほうが賢明かもしれません。

 

保管方法

ピスタチオは、湿気を含む酸化しやすく、また、香りが悪くなります。

缶や密封包装で売られているのもそのためですね。

1度封を開けたピスタチオを、保存する場合は、

缶などの密閉できる容器に入れるようにしましょう!

できるだけ新鮮な状態で食べたほうが美味しいです!

 

 

ピスタチオの栄養

 

100g あたりの栄養価

・エネルギー  … 562kcal

・炭水化物   … 27.51g

・タンパク質  … 20.27g

・脂質     … 45.39g

・食物繊維   … 10.3g

・水分     … 3.91g

(Wikipediaより抜粋)

 

主な栄養素

・βカロテン

・オレイン酸

・リノール酸

・ゼアキサンチン

・ルテイン

・ビタミンB1

・ビタミンC

・ビタミンE

・カルシウム

・カリウム

・鉄分

 

1粒あたりの糖質は、

他のナッツに比べれば低めですが、

ピスタチオの可食部分は小さく、ついつい多く食べてしまいがちなので、

食べ過ぎにはご注意くださいね!

ピスタチオ

 

ピスタチオの健康的側面

 

高血圧予防

ピスタチオは”カリウム”を多く含んでいます。

このカリウムは、体内の余分な塩分を、外に排出してくれる機能を持っています。

加工食品やファストフード、ポテトチップスなどばかりを食べている方は、

ぜひ、カリウムを摂取し、高血圧を予防してみてください。

 

また、カリウムを多く摂取すると、

むくみの改善や、足をつらなくなる(筋肉の収縮を正常に保つ)などが期待できます。

 

貧血予防

貧血とは、血液中のヘモグロビンの量が減少した場合に生じます。

ヘモグロビンは、酸素を体全体に運んでくれる大切な働きをしています。

そのヘモグロビンが減少すると、全身に酸素が行き渡らなくなり、

目まいや立ちくらみなどの症状があらわれるわけですね。

 

ピスタチオに含まれる“鉄分”は、

ヘモグロビンの重要な材料のひとつです。

ですから、鉄分を摂取することで、貧血を予防することができます!

 

便秘解消

ピスタチオは、”食物繊維”を多く含んでいます。

食物繊維は、腸内環境を整えてくれて、便秘を解消させてくれる働きがあります。

 

生活習慣病予防

ピスタチオには、不飽和脂肪酸である”オレイン酸”と”リノール酸”が含まれています。

これは、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれます。

つまり、コレステロール値を低下させてくれる機能があります。

 

動脈硬化などが進み、

脳卒中心筋梗塞などの生活習慣病にかかるリスクを減らしてくれます。

 

美味しいのに、コレステロール値を下げてくれるなんて、とても嬉しい話ですね!

 

美肌効果

ピスタチオに含まれる”βカロテン”、”ビタミンE”、”ルテイン”には、“抗酸化作用”があります。

抗酸化作用”とは、活性酸素というものを除去し、細胞の老化を抑えてくれるものです。

美肌効果”があるわけですね!

 

また、βカロテンは、肌の乾燥やニキビを防いでくれます

 

眼病予防

ピスタチオは、白内障黄斑変性症の予防機能を持つ、

ルテイン”や”ゼアキサンチン”という成分を非常に多く含んでいます。

 

ルテインやゼアキサンチンは、眼の黄斑(おうはん)という部分に多く存在し、

抗酸化作用により、白内障・黄斑変性症を予防してくれます

 

また、ルテインは、眼の水晶体という部分にも存在しており、

紫外線やブルーライトから眼を守ってくれます

天然のサングラス」という呼び方もされるくらいです!

 

疲労回復

ピスタチオには、”ビタミンB1”も多く含まれています。

 

ビタミンB1が不足してしまうと

無気力や倦怠感などの、うつ病に似た症状があらわれることがあります。

 

ビタミンB1は、これらの症状を緩和し、ストレス耐性を向上させてくれます

このことから「アンチストレスビタミン」とも呼ばれます。

 

ビタミンB1は意外に不足しがちな成分なので、

意識して摂取するようにすると、健康的な生活が送れますよ!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

ピスタチオは、良い栄養を豊富に含んだ食べ物だと、ご理解いただけましたか?

美味しくて、かつ健康や美容に良いので、

ぜひ、ピスタチオを買って食べてみてくださいね!

 

ただ、脂質もそれなりに含んでいるので、食べ過ぎには注意ですよ!

 

皆さんが、「ナッツの女王」ピスタチオを食べ、

様々な効用を享受し、健康的な生活を送られることを願っております。

Googleアドセンス用336px・レクタングル(大)ーStinger8




Googleアドセンス用336px・レクタングル(大)ーStinger8




-食べ物・飲み物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

睡眠

睡眠不足で太る3つの理由!食欲増進ホルモンが出るって本当?

  当ページは、睡眠不足で太る3つの理由について、とても簡潔に分かりやすく説明しています。 睡眠は、一見、食生活や肥満とは関係ないように思えますが、 実は、非常に密接な関わりがあるんです! …

妊娠中

【妊婦さん必見!】妊娠中に飲んではいけない飲み物8選

  妊娠中は、初期・中期・後期に関係なく、喉が渇きやすいです。 しかし、「これって赤ちゃんに悪い影響があるかも、、、」と、 ついつい不安になってしまいますよね。   「でも妊娠中は …

レーズン

レーズンって健康や美容に良いの?意外に知らないレーズンの栄養

  当記事では、レーズンの栄養についてご説明しています。 ドライフルーツの中でも特に人気のあるレーズンですが、 実は、とても健康や美容に良い食べ物なんですよ!   ぜひ、当記事をご …

食事

朝・昼・夜ごはんの理想バランスは3:4:3?間食を利用してもOK?

  1食の中の栄養バランスも大事ですが、朝・昼・夜の食事バランスも大事です。   忙しい毎日を送っている皆さん。 朝・昼・夜のバランスが、0:4:6などになっていませんか? &nb …

アセロラ

アセロラって?健康や美容に良いの?ビタミンCが豊富って本当?意外に知らないアセロラの栄養

  当記事では、アセロラの栄養についてご説明しています。 アセロラドリンクでお馴染みの果物ですが、 アセロラは、ビタミンCたっぷりで、とても健康や美容に良いんですよ!   ぜひ、当 …

管理人のNKです。
埼玉県出身。20代。

【経歴】
早稲田大学商学部卒業後、コンサルティング会社で人事業務を担当する。現在は、フリーで活動するための準備中。

【趣味】
サッカー、ランニング、健康づくり✨
料理も最近はじめました!