食べ物・飲み物

しじみって健康に良いの?オルニチンって二日酔いに効くの?しじみの栄養

投稿日:2017年10月24日 更新日:

しじみ

 

当記事では、しじみの栄養について詳しく解説しています。

二日酔い防止や、肝臓に良いとされるしじみは、実際に役目を果たしてくれるのでしょうか?

また、健康美容にいいのでしょうか?

当記事をご覧になって、

ぜひ、しじみの魅力を知っていただけたら嬉しいです!

 

皆さんが、

正しい知識を身につけ、しじみの栄養を享受し、

健康的で元気な生活を送られることを願っています。

 

 

 

しじみとは?

 

しじみとは、辞典には、

「シジミ科の二枚貝の総称。貝殻は三角形で、殻表は多くは黒色で輪脈がある。淡水にすむマシジミ、海水のまじる河口近くにすむヤマトシジミ、琵琶湖水系にすむセタシジミがある。食用。」

(デジタル大辞泉より)

と記載されています。

 

改めてご説明する必要はないかと思いますが、

皆さんが、お味噌汁缶詰などで召し上がる機会の多い、小さくて美味しい貝ですね。

最近では、

二日酔い予防のためのサプリメントなどもよく見かけます。

 

産地

日本は、世界有数のしじみ生産国で、全国各地にその拠点があります。

中でも有名なのが、島根県の穴道湖青森県の十三湖などです。

また、琵琶湖近辺でとれる「せたしじみ」は、しじみの中で最も美味しいと言われています。

海外では、中国台湾韓国ロシアなどで生産されています。

 

食べ方

料理としては、やはりお味噌汁の具として利用されることが多いです。

アサリと並び、日本人に最も馴染み深いのではないでしょうか?

その他、つくだ煮パスタなどでも見かけますね。

 

また、オルニチンの作用を活かした、

二日酔いに効くサプリメントや加工食品も、大人気です。

 

 

しじみの栄養

100gあたりの栄養価

・エネルギー   … 64kcal

・炭水化物    … 4.5g

・脂肪      … 1.4g

・タンパク質   … 7.5g

・水分      … 86.0g

・コレステロール … 62mg

(Wikipediaより抜粋)

主な栄養素

・オルニチン

・タウリン

・カルシウム

・ビタミンB12

・マグネシウム

・鉄分

・亜鉛

・銅

 

しじみの効果・効能

 

二日酔い予防・改善

しじみには、“オルニチン”という成分が豊富に含まれています。

皆さんも、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

このオルニチンは、

二日酔いの原因である“アセトアルデヒド”という成分を分解しやすくしてくれます。

そのおかげで、二日酔いの不快症状を緩和できるのです。

 

辛い二日酔いには、ぜひしじみの力を借りてみてください!

 

肝機能の向上・肝臓障害の予防

しじみに多く含まれる“オルニチン”は、

肝臓の大切な機能である、アンモニアの解毒作用を促進してくれます。

さらには、コレステロールの調整も行い、脂肪肝を改善してくれます。

また、ミトコンドリアの働きを助けることで、

本来の肝臓全体の機能を保ってくれます

 

しじみには、他に、

肝臓の働きを助けてくれる“メチオニン”、

解毒作用を向上させてくれる“タウリン”、

肝臓を活性化させてくれる“グリコーゲン”なども多く含まれています。

 

そのため、しじみには、

肝細胞が壊れるのを防ぎ、肝機能を向上させる働きがあると言われています。

 

疲労回復

しじみに含まれる“オルニチン”には、

疲れやだるさの原因である“アンモニア”を分解する働きがあります。

 

また、“タウリン”には、

筋肉の疲労の原因である“乳酸”が発生するのを防ぐ働きや、

脂肪をエネルギーに変える働きがあります。

 

そのため、疲労回復効果があると言われています。

最近だるさを感じている方は、ぜひしじみを食べて、

オルニチンとタウリンを摂取してみてください。

 

貧血予防

しじみには、“鉄分”や“ビタミンB12”が豊富に含まれています。

これらは、血液を作り、酸素を体中に運搬するのに欠かせない成分で、

不足すると、目まいや立ちくらみ、貧血などの症状があらわれる可能性があります。

 

しじみは、レバーに匹敵するほど、鉄やビタミンB12を含んでおり、

貧血に対して、総合的に効果を発揮することができます。

 

ダイエットにも!

先ほどから登場している“オルニチン”ですが、

これは“アミノ酸”の一種で、

燃えにくい脂肪を燃えやすくしてくれる機能があります。

 

また、オルニチンは、

成長ホルモンの分泌を促し、脂肪の燃焼をさらによくしてくれる働きもします。

もちろん食べ過ぎは良くないですが、

しじみには、こんなダイエット的側面もあるんですよ!

 

美肌にも良い!

しじみに含まれる“オルニチン”は、

お肌の生まれ変わりを促進する働きもあります。

古い角質が落ち、新しい肌が生まれやすくなります。

 

また、しじみには、その他にも、

様々な“アミノ酸”、“ビタミンB群”、“鉄分”、“ミネラル”などが含まれており、

健康的なお肌を維持してくれる役割を期待できます。

 

精神的ストレス解消

しじみに含まれる“オルニチン”や“トリプトファン”は、

精神的疲労感を緩和し、心のストレスを軽減する働きがあります。

現代社会において、とても有能な食べ物ですよね!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

しじみの栄養をご理解いただけましたか?

 

しじみは、二日酔いや肝機能にはもちろん、その他にもたくさんの良い役割があります。

ぜひ、意識的に召し上がってみてください。

そして、健康的で元気な生活を送ってくださいね!

Googleアドセンス用336px・レクタングル(大)ーStinger8




Googleアドセンス用336px・レクタングル(大)ーStinger8




-食べ物・飲み物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

桑の葉

【青汁が苦手な人にオススメ】1ヵ月960円!?話題の”桑の葉”茶『糖煎坊』

  皆さん、こんにちは! 本日は、話題沸騰中の「桑の葉茶」をご紹介します。 >>青汁から乗換える方急増中!国産桑の葉茶「糖煎坊」   青汁から乗り換える人が急上昇中です! ・今現在 …

肥満

5大内臓の働きとは?内臓の役割を知ってダイエットや健康生活に活かそう!

  私たちの内臓は、想像以上にすごい能力を持っています。 毎日、文句を言うことなく働き続け、生命維持に役立ってくれています。   しかし、疲労が溜まってくると、たまにアピールをして …

きゅうり

きゅうりって健康や美容に良いの?栄養がないって本当?ビタミンCを破壊するって本当?知られざるきゅうりの栄養

  当記事では、きゅうりの栄養についてご説明しています。 「栄養がない」「ビタミンCを破壊する」とよく言われるきゅうりですが、 実際はどうなんでしょうか? きゅうりは健康や美容に良いと言える …

ダイエット 体重計

太らない夜ご飯のコツ3選!ダイエットには豆腐がおすすめ?

  夜遅くに夜ご飯。 ダメなのは分かっているけど、仕事が忙しくて、、、   21時以降の食事は、なるべく抑えたほうがいいです。 しかし、なかなか難しいのが現実です。 家に帰ってきた …

パプリカ ピーマン

ピーマンとパプリカの違いは?栄養が豊富なのはどっち?

  「ピーマン」と「パプリカ」。 サラダや炒め物に頻繁に使用される、定番の野菜ですね。 とてもよく似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか?   見た目通り、本来、「ピーマン …

管理人のNKです。
埼玉県出身。20代。

【経歴】
早稲田大学商学部卒業後、コンサルティング会社で人事業務を担当する。現在は、フリーで活動するための準備中。

【趣味】
サッカー、ランニング、健康づくり✨
料理も最近はじめました!