食べ物・飲み物

【妊婦さん必見!】妊娠中に飲んではいけない飲み物8選

投稿日:

妊娠中

 

妊娠中は、初期・中期・後期に関係なく、喉が渇きやすいです。

しかし、「これって赤ちゃんに悪い影響があるかも、、、」と、

ついつい不安になってしまいますよね。

 

「でも妊娠中は、水分補給は大切だって聞くし、、、」とお悩みの皆さん!

当記事では、妊婦さんが“飲んではいけない”・“避けたほうがよい”飲み物をご紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

どうして水分補給が大切なの?

水 コップ

妊娠中は、

赤ちゃんを守るように、お腹の脂肪が増えたり、

女性ホルモンの影響で、代謝が活発になったりするので、とても汗をかきやすくなります

さらに、赤ちゃんに血液を送るため、妊娠前に比べて、血液量が40%も増えるんです。

そのため、体が水分を欲し、喉がかわきやすくなるんですね。

 

水分が不足してしまうと、脱水症状になるだけでなく、

羊水をキレイに保てなくなるため、赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまいます。

さらには、つわりの悪化血流の悪化便秘などの症状が出てしまいます。

上記のような症状を避けるためにも、水分補給はとても大切なんですね!

 

つわりで吐き気がひどい場合などは、氷を舐めるだけでも大丈夫なので、

少しずつ水分を補給し、母子ともに健康な生活を送りましょう!

 

 

妊娠中に飲んではいけない飲み物

 

では、さっそく、

妊娠中に“飲んではいけない”・“避けたほうがよい”飲み物をご紹介していきます。

 

お酒

これは想像しやすいですね。

アルコールはNGです。

 

アルコールは、胎盤を通過して、赤ちゃんにも届いてしまいます。

つまり、赤ちゃんもアルコールを摂取した状態になってしまうんですね。

すると、赤ちゃんが、「胎児性アルコール症候群」を発症するリスクが高まり、発育不全や神経異常をもってしまう可能性が出てきます。

妊娠中は、禁酒しましょう!

 

コーヒー

コーヒー

コーヒーも、避けたほうが無難です。

 

カフェイン”は、交感神経を興奮させる作用があり、

大量に摂取すると、不眠や頭痛、精神障害を起こしてしまうこともあります。

また、「妊娠中のカフェイン摂取量と、胎児死亡のリスクの関連性」を示す究結果なども発表されています。

1日のカフェイン摂取量が300mg以上の妊婦さんは、150mg以下の妊婦さんより、流産のリスクが2倍以上増加するそうです。

さらに、1000mg以上の摂取は、死産のリスクを高めるそうです。

 

朝の1杯や、仕事や勉強の合間に、コーヒーを飲む方も多いと思いますが、

妊娠中は控えるようにしましょうね!

 

ただ、完全に摂取が禁止されているわけではありません。

1日に1~2杯程度なら問題ないと言われています。

どうしても飲みたい方は、適量を守って飲むようにしましょう!

 

栄養ドリンク・エナジードリンク

エナジードリンク

栄養ドリンク(ユンケル、リポビタンDなど)やエナジードリンク(レッドブルなど)にも、基本的に“カフェイン”が含まれています。

さらに、カロリー糖質が高いものが多いです。

妊娠中に糖質を摂取しすぎると、「妊娠糖尿病」のリスクも高まってしまいますよね。

 

しかし、栄養ドリンクの中には、

産前産後の滋養強壮」や「妊娠・授乳期の栄養補給に」と記載されているものも少なくありません。

そういった記載のある栄養ドリンクは、基本的に、安心して飲んで大丈夫でしょう。

また、栄養ドリンクを選ぶ際は、

「カフェインを含んでいないか」、「カロリーや糖質は高くないか」をチェックしてみるといいですよ!

 

以下に、オススメの栄養ドリンクをご紹介します。

 

・「リポビタン ノンカフェ」大正製薬
⇒皆さんご存知の「リポビタンD」のノンカフェインバージョンです。栄養ばっちりです。

・「アルフェ ネオ」大正製薬
⇒1本あたり5キロカロリーという低さです。さらにノンカフェインです。鉄分が豊富に含まれています。

・「チョコラBB ローヤル2」エーザイ
⇒低カロリーでノンカフェインの栄養ドリンクです。疲れに効きます。

・「チョコラBB ドリンクビット」エーザイ
⇒こちらも、低カロリーでノンカフェインです。肌荒れにも効果があります。

 

ただし、コーヒーと同様、飲みすぎには注意してくださいね!

 

お茶(紅茶、緑茶など)

コーヒーに比べれば少ないですが、

お茶にも、“カフェイン”が含まれているものがあります。

代表的なものは、紅茶緑茶です。

 

また、鉄分の吸収を抑えたり、葉酸の働きを阻害したりする“タンニン”とい成分も含まれています。

飲みすぎなければ問題はありませんが、

普段飲んでいるお茶に、カフェインなどが含まれていないかどうか、チェックしてみるといいですね!

 

妊娠中に飲んでいいお茶と、飲んではいけないお茶をまとめた記事をアップる予定なので、そちらも併せてご覧くださいね。

 

ハーブティー(カモミール、ハトムギなど)

カモミールティー

ハーブティーにも、飲んでいいものとダメなものがあります。

特に、「子宮を収縮させる作用」のあるものは避けなければいけません。

 

カモミールやセージ、ジャスミン、ラズベリーリーフティーなどを飲むのは、妊娠中には我慢してくださいね!

赤ちゃんの安全を確保しましょう!

 

ミネラルウォーター(硬水のもの)

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターにもたくさんの種類がありますが、

硬水のものは、できるだけ避けるようにしてください。

海外のミネラルウォーターなどは、硬水のものが多いですよ!

 

硬水は、ミネラルが豊富な分、腎臓に負担をかけてしまいます。

妊娠中は、体がデリケートになっているので、できれば軟水を選ぶようにしましょう!

 

ジュース

オレンジジュース

ジュースには、たくさんの糖分が含まれています。

先ほどもご説明しましたが、「妊娠糖尿病」などにかかるリスクが高まってしまいます。

また、体が太りやすくなってしまうので、難産のリスクも上がります。

 

もちろん、甘いものが飲みたい時もあるでしょうが、飲みすぎるのは控えてくださいね!

 

冷たい飲み物

できるだけ、冷たい飲み物は避けましょう。

胃腸に負担をかけてしまいます。

 

また、特に妊娠初期は、体が冷えやすく、血行が悪くなりがちです。

赤ちゃんに酸素や栄養が届きにくくなってしまうので、常温に近い飲み物のほうが理想的です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

以上が、妊娠中に「飲んではいけない」・「避けたほうがよい」飲み物です

 

特に、お酒は飲まないよう気をつけてください。

コーヒーも、なるべく飲まないのが無難です。

お茶などは、カフェインや体に悪い成分がないものを選ぶようにすると良いですね!

 

皆さんが、当記事を参考にされ、

母子ともに、健康的で元気な生活を送られることを願っています。

Googleアドセンス用336px・レクタングル(大)ーStinger8




Googleアドセンス用336px・レクタングル(大)ーStinger8




-食べ物・飲み物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

生姜 ガリ

お寿司の“ガリ”の本当の意味を調べてみた!健康や美容にも良いって本当?

  お寿司屋さんに行くと、必ず無料で提供されているガリ(生姜)。 スーパーなどで買う、パックのお寿司にさえ付いていますよね。 特に何の疑問もなく、回転ずしで、ガリばかり食べることもある私です …

枝豆

太らないための“おつまみ”の選び方!お酒太りは予防できる!

  当ページは、太らないための“おつまみ”の選び方について、簡単に分かりやすくご説明しています。   お酒を飲んで、太る人と太らない人がいますよね? もしかしたら、その違いは「おつ …

サラダ 野菜

野菜を最初に食べよう!血糖値の急上昇を防ぐ食べ方【ダイエット向け】

  「野菜を先に食べると太りにくい」 皆さんも、1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?   これは、都市伝説ではありません。 しっかりとした理由のある「事実」なんです。 &n …

キクラゲ

キクラゲって健康や美容に良いの?クラゲじゃないの?意外に知らないキクラゲの栄養

  当記事では、キクラゲの栄養をご紹介しています。 コリコリとした食感が絶妙で、中華料理や豚骨ラーメンには欠かせないキクラゲですが、 実は、栄養豊富で、健康や美容に良いんですよ! &nbsp …

Breakfast

「朝食を抜くと痩せる」は嘘!太らないための朝食ダイエット法!

  皆さん、朝食をしっかりと食べていますか? 1日の総摂取カロリーが低くなるから、朝ごはんを抜くと痩せるなんて思っていませんか?   ダイエット中の方 肥満が気になり始めた方 健康 …

管理人のNKです。
埼玉県出身。20代。

【経歴】
早稲田大学商学部卒業後、コンサルティング会社で人事業務を担当する。現在は、フリーで活動するための準備中。

【趣味】
サッカー、ランニング、健康づくり✨
料理も最近はじめました!