健康生活インフォメーション

誰でも健康的な生活が送れるように。カラダ・食事・生活習慣を見直そう!

姿勢

ソファーに座るのは要注意??今すぐ簡単に改善できる!【姿勢が悪くなる習慣13選】

投稿日:

姿勢 人体

 

当記事では、「姿勢が悪くなる習慣」についてご説明しています。

 

はじめに、皆さんにちょっとだけ質問です。

以下に、少しでも心当たりがありますか?

 

最近、元気が出ない・気だるい感じがする

就職活動やバイトの面接が上手くいかない

恋愛も上手くいかない

友達も少ないし趣味もないし、人生に不安を感じる

腰痛や肩こりがあり、歳をとったなぁと感じる

頭痛がひどい

ストレスやイライラを感じることが多い

 

いかがですか?

一見、姿勢とは関係がないように思えますが、

姿勢が正しくない」ことが、これらの原因の一端を担っている可能性があります。

逆に考えれば、正しい姿勢を身につけることで、これらの問題を解決できるかもしれません。

 

そこで、今すぐ簡単に改善できるような、「姿勢が悪くなる習慣」をまとめました。

簡単な対策方法もご紹介していますので、ぜひ試してみてくださいね!

 

正しい姿勢とはどのような姿勢なのか?なんで猫背だとダメなのか?

姿勢と健康についてもっと詳しく知りたい!という方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

姿勢を正しくしたい人が、最初に頭に入れておきたいこと:【姿勢と健康の基本①】

なぜ姿勢を良くすべきなのか?正しい姿勢で得られる9つのメリット:【姿勢と健康の基本②】

 

 

姿勢が悪くなる習慣

 

①ソファーやベッドに座る

ソファー

ソファーやベッドのような、柔らかいものの上に座るのはNGです。

固いイスなどに比べて、深く沈みこんでしまうので、お尻や腰、背中が丸まってしまいます。

ソファーやベッドの上で生活する人も多いと思いますが、

腰痛持ちの人は、なるべく使わないようにしましょう。

 

②座っているときに脚を組む

脚を組む ソファー

これをやっている人、多いですよね。

断言します。必ず猫背になります。

さらに、側弯や骨盤の歪み、頭や背骨の傾きや偏りなどが生じてしまいます。

つまり、体が左右に歪んでしまうんですね。

脚を組まないよう心掛けましょう。また、組んでいることに気づいたら、すぐに止めて、反省しましょう。

 

③正座以外の座り方(床に座るとき)

あぐら体育座り壁に寄りかかる片腕を支えにする、などの座り方は、全て良くないです。

正座以外の座り方は、骨盤が後ろに傾きやすいので、猫背になってしまいます。

でも、だからって正座だけで生活するのは難しいですよね。

床に座るときは、正座とあぐらを交互にしたり、時々立ち上がって背筋を伸ばしたりするよう、意識してみましょう!

 

④イスのひじ掛けに体重をかける

イスのひじ掛けに寄りかかるクセがある人も多いかと思います。

骨盤が歪んだり、頭や背骨が傾いたりしてしまいます。

脚を組むのと一緒で、体が左右に歪んでしまう恐れがあります。

 

また、右利きの人は、左のひじ掛けに寄りかかりやすいです。

もちろん左利きの人は逆ですね。

1番は寄りかからないことですが、どうしても寄りかかりたい場合は、左右交互に寄りかかりましょう。

 

⑤パソコンやテレビが正面にない

テレビ

テーブルでご飯を食べる時の、自分の位置って、大体決まっていますよね。

その時のテレビの位置に注目してください。

自分に対して、正面にテレビがありますか?

「後ろにある」という人もいるかもしれませんが、「右」や「左」にテレビがあるという人も多いと思います。

 

自分の位置を頻繁に変えているなら話は別ですが、

テレビが正面ではなく、左右にあると、「体をねじる」ことになります。

背骨が左右にねじれてしまい、将来的に体に何らかの問題を起こします。

 

なるべく、テレビを正面にして座るようにしましょう。

正面に座るのが難しい場合は、座る位置を頻繁に変えることを心掛けましょう。

パソコンの場合も、なるべく自分の真正面に置いたほうが良いですよ!

 

⑥斜め書き

文字を書く時に、紙が斜めにずれていたり、自分が斜めになっていたりしませんか?

これも、体のねじれや頭の傾きが生じる原因になってしまいます。

紙を自分の真正面に真っすぐ置き、真っすぐに文字を書くようにしましょう。

 

⑦荷物を持つ腕がいつも同じ

ハンドバッグ 片腕

荷物を肩にかける場合も、ヒジにかける場合も同様です。

いつも右(左)側だけでもっていると、当然、体の片側だけに負荷がかかります。

側弯や骨盤の歪み、頭・肩・背骨の傾きといった症状の原因になります。

 

交互に持つことを心掛けましょう。

また、リュックなど、左右均等に負荷がかかるものを使用するのもオススメですよ!

 

⑧片方の脚に体重をかけながら立つ

これもやっている人、多いですよね。

片方の脚に体重を乗せると、体重を乗せた脚の側に骨盤が寄ります。

そのため、側弯や骨盤の歪み、頭や背骨の傾きなどの症状が出てきます。

 

どちらかに体重をかけずに、真っすぐに立つのが1番ですが、

かける場合は、交互にしましょう。

また、既に骨盤が寄ってしまっている場合は、普段とは逆の脚に体重を乗せてみましょう!

 

⑨お尻のポケットに財布やスマホを入れる

案外やっている人も多いかと思いますが、もうやらないことを強くオススメします。

あんな軽いものをお尻のポケットに入れたところで、何の影響もないように思えるかもしれません。

しかし、実際は、骨盤を強制的に歪めてしまいます

そして、背骨が歪みます。

 

さらに、「坐骨神経」というお尻のあたりにある神経を刺激してしまい、

腰痛や坐骨神経痛という病気になってしまいかねません。

お尻のポケットに財布やスマホは入れないでくださいね!

 

⑩うつ伏せで本を読んだり、スマホをいじったりする

うつ伏せ ベッド 本

うつ伏せになりながら、本や雑誌を読んだり、スマホやゲームをしたりすることも多いかと思います。

この体勢は、腰が大きく反ってしまうため、控えたほうが良いです。

さらに、首や肩、背中の筋肉に強い負担をかけてしまいます。

 

寝ころびながら何かをするなら、うつ伏せではなく、横向きに寝ましょう。

それも、左右交互にすることで、体が左右どちらかに歪むのを防ぐことができます。

 

⑪腕を組む

腕組みをする人も多いですね。

無意識的にやってしまう人も少なくありません。

腕を組むと、肩が前に来てしまうので、背中が丸まりやすくなります。

なるべく組まないほうが良いですが、どうしても組みたい場合は、胸を張るイメージで行ってくださいね。

 

⑫ハイヒールを履く

ハイヒール

男性はあまりいないと思いますが、女性の方は、ハイヒールを履く機会も多いですよね。

よって、女性の方しか共感できないかもしれませんが、

ハイヒールを履くと、踵(かかと)が上がった分のバランスをとらざるをえなくなります。

大抵の場合、お腹を突き出したり、ヒザを曲げたりすることでバランスをとろうとします。

 

お腹が突き出た状態、ヒザが曲がった状態は、人間本来の正しい立ち方ではないので、体のどこかに負担がかかってしまいます。

結果、悪い姿勢が身についてしまったり、体のどこかに痛みが生じたりします。

ハイヒールを履く際は、なるべくお腹を引っ込めること、なるべくヒザを伸ばすことを意識しましょう!

 

⑬野球、テニス、ゴルフなどの、左右均等ではない運動

テニス

野球やテニス、卓球やバドミントン、ゴルフや弓道などの運動は、運動の中でも特に左右が均等ではありません。

だからといって、利き腕とは逆の腕でラケットを持て、ということではありません。

 

ある程度、体に左右の歪みが生じてしまうのは仕方がないので、少しでもそれを抑えるべく、体の歪みを整えることが大切です。

準備運動整理運動を念入りに行うことを心掛けてください。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

以上が、今すぐ簡単に改善できる「姿勢が悪くなる習慣」です。

 

意識次第で、本当に簡単に改善できるものばかりです。

ぜひ、当記事を参考にし、理想的な姿勢を身につけてくださいね。

 

皆さんが、正しい姿勢を身につけ、健康的な生活を送られることを願っています。

 

姿勢と健康についてもっと詳しく知りたい!という方へ。

理想的な姿勢とは?姿勢に関する基本的な考え方:【姿勢と健康の基本③】

あなたは何猫背?猫背の種類をチェックしてみよう!:【姿勢と健康の基本④】

その頭痛や息切れ、胸やけや疲労感は、猫背が原因?悪い姿勢が引き起こす様々な症状:【姿勢と健康の基本⑧】

Googleアドセンス用336px・レクタングル(大)ーStinger8




Googleアドセンス用336px・レクタングル(大)ーStinger8




-姿勢

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

猫背 腰痛 疲労

猫背の原因は?背中が丸まる6つの理由:【姿勢と健康の基本⑥】

  皆さん、こんにちは!   当記事では、「どうして人間の背中は丸まってしまうのか」に焦点を当てながら、猫背の原因について解説していきます。 背中が丸まってしまう6つの理由を頭に入 …

姿勢 人体

「痛み」は体のメッセージ!?痛みと姿勢の関係:【姿勢と健康の基本⑨】

  皆さん、こんにちは!   当記事では、「痛みの意味」を解説したうえで、「痛みと姿勢の関係」をご説明していきます。 痛みとは、体が発するメッセージであり、 姿勢の悪さ、姿勢の良さ …

姿勢 人体

姿勢を正しくしたい人が、最初に頭に入れておきたいこと:【姿勢と健康の基本①】

当記事をご覧いただき、ありがとうございます。   はじめに、皆さんにちょっとだけ質問です。 ・最近、元気が出ない、気だるい感じがする ・腰や肩が痛くて、歳をとったなぁと感じている ・就職活動 …

姿勢 腰

その肩こりや腰痛は姿勢が原因?姿勢から考える肩こり・腰痛について:【姿勢と健康の基本⑤】

  皆さん、こんにちは!   当記事では、「姿勢から考える肩こり・腰痛」についてご説明しています。 「こりとは何か?」について、簡単にご理解いただいた上で、 「姿勢と肩こりの関係」 …

猫背 腰痛 疲労

その頭痛や息切れ、胸やけや疲労感は、猫背が原因?悪い姿勢が引き起こす様々な症状:【姿勢と健康の基本⑧】

皆さん、こんにちは!   当記事では、猫背や姿勢の悪さが原因で起こる、様々な症状をご説明しています。 頭痛や疲労感など、一見、姿勢とは関係のないように思えるものも、 実は悪い姿勢に起因してい …

管理人のNKです。
埼玉県出身。20代。

【経歴】
早稲田大学商学部卒業後、コンサルティング会社で人事業務を担当する。現在は、フリーで活動するための準備中。

【趣味】
サッカー、ランニング、健康づくり✨
料理も最近はじめました!