健康生活インフォメーション

誰でも健康的な生活が送れるように。カラダ・食事・生活習慣を見直そう!

食べ物・飲み物

レーズンって健康や美容に良いの?意外に知らないレーズンの栄養

投稿日:2017年11月12日 更新日:

レーズン

 

当記事では、レーズンの栄養についてご説明しています。

ドライフルーツの中でも特に人気のあるレーズンですが、

実は、とても健康美容に良い食べ物なんですよ!

 

ぜひ、当記事をご覧になって、

レーズンの素晴らしさを知ってくださいね!

皆さんが、レーズンを食べながら、

健康的で元気な生活を送られることを願っております。

 

 

レーズンとは?

 

レーズンとは、天日干しや熱風で、人工的に、ブドウの果実を乾燥させたものです。

ご存知の通り、“干しぶどう”とも呼ばれます。

 

皆さんも、1度は食べたことがあるのではないでしょうか?

甘みと酸味が絶妙で、クセになる美味しさですよね!

 

近年、ドライフルーツの栄養に注目が集まり、ブームとなっている中で、

レーズンは、最も身近で、食べる機会の多い食品です。

どこのスーパーやコンビニでも簡単に手に入りますね。

安全性が高く保存にも適しているので、いつでも手軽に食べられます!

 

産地

主なレーズン生産国は、

アメリカ、トルコ、中国、イラン、チリなどです。

 

アメリカの“カリフォルニアレーズン

トルコの“サルタナレーズン

中国の“グリーンレーズン

は特に有名です!

 

日本でよく売られているのは、“カリフォルニアレーズン”ですね!

もしレーズンを食べる機会があれば、1度チェックしてみてください。

 

食べ方

もちろん、そのまま食べるのも美味しいですが、

パンやお菓子に使用されることも多いです。

パンにレーズンが直接入っている「ぶどうパン」は定番ですよね!

 

ヨーグルトやシリアルに入れることも多いです。

その他、サラダに加えられたり、

カレーに、アクセントとして入れられたりすることもあるそうです。

 

また、レーズンをラム酒に浸した“ラムレーズン”も大人気ですね!

チョコやアイス、ケーキなどに利用されます。

個人的には、“ハーゲンダッツ”のラムレーズン味は、最高です!

ぜひ、1度召し上がってみてください!

 

 

レーズンの栄養

 

100gあたりの栄養価

・エネルギー   … 299kcal

・炭水化物    … 79g

・脂肪      … 0.5g

・タンパク質   … 3g

・食物繊維    … 4g

(Wikipediaより抜粋)

主な栄養素

・カリウム

・カルシウム

・鉄分

・酒石酸

・ポリフェノール

・ブドウ糖

レーズン

 

レーズンの健康的側面

 

むくみ解消・高血圧予防

レーズンには、“カリウム”という成分が多く含まれています。

 

カリウムは、人間の体内の塩分(ナトリウム)を排出し、利尿を促す働きをもっています。

そのため、むくみ解消に最適です!

 

また、加工食品やファストフードが普及している現代において、

私たちの食事は、塩分過多になりがちですが、

カリウムは、血液中の塩分(ナトリウム)を除去するので、血液をキレイにしてくれます

そのため、高血圧動脈硬化の予防の役割を果たしてくれます!

 

エネルギー補給

レーズンは、“ブドウ糖”や“果糖”を非常に多く含んでいます。

ぶどうを乾燥させているので、成分が濃縮されているんですね。

だからこそ、レーズンはあんなに甘いんです。

 

このブドウ糖や果糖は、

普通の砂糖よりも、体内に吸収されやすく、短時間でエネルギーに変換されます

素早くエネルギー補給したいときに最適なんです!

 

毎朝忙しいときや、スポーツ前などに、

即効性のある栄養源”として、レーズンを食べてみてはいかがでしょうか?

 

貧血予防

レーズンには、“鉄分”も多量に含まれています。

鉄分が豊富な野菜として有名な“ほうれん草”よりも、

100gあたりの鉄分の量が多いんです!

 

鉄分は、血液をつくるのに欠かせない成分で、

不足してしまうと、目まい立ちくらみ貧血などの症状が出る可能性があります。

 

意識的に鉄分を摂取することで、

これらを予防するとともに、体のだるさを軽減することができます!

 

アンチエイジング

レーズンの皮には、“ポリフェノール”という成分が含まれています。

 

ポリフェノールには、“抗酸化作用”があります。

体内の“活性酸素というものを除去し、血液や細胞の酸化を防いでくれます

簡単に言えば、“体の老化を防いでくれるんです!!

 

お肌のシミやシワを抑えてくれるほか、免疫力もアップします。

また、生活習慣病などの予防にもなります。

 

レーズンは、気軽に食べられるものなので、

毎日少しずつ食べて、ポリフェノールを摂取し、

体のアンチエイジングケアをしていきたいですね!

 

便秘解消

レーズンは、豊富な“食物繊維”を含んでいます。

その量は、なんと、普通のぶどうの約3~4倍と言われています。

 

皆さんご存知の通り、

食物繊維は、腸内環境を整えてくれます

そのため、便秘解消機能があります。

 

腸の調子が悪い方は、

毎朝、少しずつ、レーズンを食べてみることをオススメします!

 

結腸ガン予防

レーズンには、“酒石酸”という成分が含まれています。

 

この酒石酸は、摂取されると、消化されずに結腸に達します。

そして、腸の中を、健康的な弱酸性の状態にすると言われています。

 

この酒石酸ですが、食物繊維と組み合わせることで、さらなる力を発揮することが分かっています。

大腸の機能をアップさせ、腸内の環境を整え、

発ガン性物質を除去し、結腸ガンを予防してくれると言われています!

 

日本の死亡原因第1位であるガンを予防してくれるなんて、驚きですよね!

レーズンを食べることで、

大腸ガン(結腸ガンや直腸ガン)を予防し、大腸障害も抑えることができるんです。

 

動物性脂肪を多く摂っていると、大腸ガンが発生するリスクが高まるので、

お肉多めの食事をしがちな方は、レーズンを意識して食べてみるといいかもしれませんね!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

レーズンの栄養が分かりましたか?

 

レーズンは、栄養を豊富に含んだ、健康美容に良い食べ物です。

毎朝、忙しいときに、手軽に食べられるのも魅力です!

ぜひ、摂取してみてくださいね!

 

皆さんが、健康的で元気な生活を送られることを願っています!

Googleアドセンス用336px・レクタングル(大)ーStinger8




Googleアドセンス用336px・レクタングル(大)ーStinger8




-食べ物・飲み物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

キクラゲ

キクラゲって健康や美容に良いの?クラゲじゃないの?意外に知らないキクラゲの栄養

  当記事では、キクラゲの栄養をご紹介しています。 コリコリとした食感が絶妙で、中華料理や豚骨ラーメンには欠かせないキクラゲですが、 実は、栄養豊富で、健康や美容に良いんですよ! &nbsp …

肥満

「胃」の働きは?「胃」を健康に保つために必要な3つのルール!

  当ページは、ダイエットや健康的な生活を送る上で重要な“胃”の働きについて、そして“胃”を健康に保つための3つのルールについて、簡単にご説明しています。   知らず知らずのうちに …

Breakfast

「朝食を抜くと痩せる」は嘘!太らないための朝食ダイエット法!

  皆さん、朝食をしっかりと食べていますか? 1日の総摂取カロリーが低くなるから、朝ごはんを抜くと痩せるなんて思っていませんか?   ダイエット中の方 肥満が気になり始めた方 健康 …

肥満

bmal1とは?21時以降は脂肪が溜まりやすい?体内時計に従ったダイエットを!

  ダイエット中の皆さん。 bmal1(ビーマルワン)ってご存知ですか?   私たちの体には、効率よく活動するためのリズムが備わっています。 いわゆる「体内時計」と呼ばれるものです …

ミツバチ

話題の【プロポリス】と【蜂蜜】の違いについて調べてみた!

  当ページは、「プロポリス」と「蜂蜜」の違いについてご説明しています。   栄養豊富で、健康や美容に良いと言われる「プロポリス」と「蜂蜜」。 どちらもミツバチが作ることから、同じ …

管理人のNKです。
埼玉県出身。20代。

【経歴】
早稲田大学商学部卒業後、コンサルティング会社で人事業務を担当する。現在は、フリーで活動するための準備中。

【趣味】
サッカー、ランニング、健康づくり✨
料理も最近はじめました!